Lhaplus(ラプラス)の使い方(圧縮と解凍)

容量の大きなデータを小さくしたり、複数のデータを1つにまとめたりする圧縮、それを元に戻す解凍。その圧縮・解凍ができるソフト、Lhaplus(ラプラス)の使い方をお伝えします。非常に簡単なので、ぜひ使ってみてください。

Lhaplus(ラプラス)で圧縮

1.データの圧縮

圧縮したいデータをデスクトップ画面の「Lhaplus」にドラッグします。

Lhaplus(ラプラス)で圧縮

ワードやエクセルで作った文章、写真、動画など、基本的には何でもOKです。

複数のデータを圧縮する場合は、新規フォルダを作成し、その中に圧縮したいデータを入れ、デスクトップの「Lhaplus」にドラッグすることをオススメします。

2.圧縮形式の確認

「圧縮形式」を「zip」になっていることを確認してから、「はい」をクリックします。

圧縮形式の確認

様々な「圧縮形式」が選択できますが、世界で最もよく使われている「zip」にしておけば間違いありません。

3.圧縮の完了

デスクトップに圧縮したデータが表示されます。

圧縮の完了

ここでは「圧縮・解凍の練習」というフォルダにしてあります。

これで圧縮の操作が完了しました。

Lhaplus(ラプラス)で解凍

インターネットからダウンロードしたソフトを使えるようにするとき、友達から圧縮されたデータが送られてきたときなどに解凍の作業が必要になります。

 

1.圧縮されたデータの解凍

圧縮されているデータをデスクトップ画面の「Lhaplus」にドラッグします。圧縮されているデータをダブルクリックしても解凍されます。

1.圧縮されたデータの解凍

2.解凍の完了

デスクトップに解凍されたデータが表示されます。

圧縮されたデータの解凍

これで解凍の操作が完了しました。

 

圧縮されていたデータを解凍しますと、圧縮されていたデータはそのままで、新しく解凍されたデータが表示されます。

Lhaplus(ラプラス)がインストールされているパソコンでは、とても簡単に解凍ができますので、ぜひ使ってください。

このページの先頭へ