Windows転送ツールとは?

Windows XP、Vista、7の間で、引越しするためのWindows転送ツールについてお伝えします。

初心者にオススメ

Windows XP、Vista、7の間での引越しは、「Windows転送ツールで引越し」、「データや設定を個別に引越し」、「ネットワークを構成して引越し」があり、その中でも初心者の人にオススメなのが「Windows転送ツールで引越し」です。

古いパソコンでWindows転送ツールを利用し、USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-Rににコピーします。それを新しいパソコンに移動させるだけです。

バックアップのデータ容量によっては数時間かかることもありますので、時間があるときに「Windows転送ツール」での作業をおこなってください。

「Windows転送ツールで引越し」は個別にデータのバックアップをとる必要はありませんが、新しいパソコンにトラブルが起きたときのために、バックアップをとることをオススメします。

それぞれのWindowsにあったWindows転送ツール

古いパソコンで新しいパソコン用の「Windows転送ツール」をインターネットからダウンロード後にデータのバックアップをし、新しいパソコンに読み込ませます。

 

例えば・・・

Windows XPからWindows Vistaに引越すときには、Windows XPにWindows Vista用の「Windows転送ツール」をダウンロード&インストールする必要がある。

Windows XPからWindows 7に引越すときには、Windows XPにWindows 7用の「Windows転送ツール」をダウンロード&インストールする必要がある。

Windows VistaからWindows 7に引越すときには、Windows VistaにWindows 7用の「Windows転送ツール」をダウンロード&インストールする必要がある。

それぞれのWindowsに応じた「Windows転送ツール」を使う必要があります。

メリットとデメリット

メリット

一括で全てのデータや設定が引越しできる。

 

デメリット

Windows XPで利用する場合には、「Windows転送ツール」をインターネットからダウンロード、またはWindows VistaやWindows 7のパソコンからコピーしなければいけない。

どの設定がバックアップされているかが、わかりづらい。

個別のデータや設定を取り出ことができない。

古いパソコンで特殊な設定をしていた場合、「Windows転送ツール」が使えない場合がある。


デメリットの項目が多いですが、全てのデータを一括で引越しができるのは、初心者の方には大きなメリットです。

それぞれにメリットとデメリットがあります。詳しくは「はじめに-3つの引越し方法」をご覧ください。

外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法

最も一般的な方法が外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法です。

Windows Vistaで、Windows転送ツールを実行し、そのバックアップデータを外付けハードディスクやUSBメモリに保存して、Windows 7へ移行します。

パソコンによってはUSBメモリの容量では不十分なため、外付けハードディスクの使用をオススメします。

ネットワークを構成してデータを引越しする方法もありますが、ネットワークの知識が必要になりますので、ここでは省略させていただきます。

外付けハードディスクにつきましては、「必要なもの-外付けハードディスク」をご覧ください。

このページの先頭へ