USBメモリ

古いパソコンのハードディスクから新しいパソコンのハードディスクにデータを引越しするときに必要なものがあります。パソコンの引越をしたい方に「USBメモリ - 基礎知識・パソコンの引越しに必要なもの」をお伝えします。

USBメモリ(フラッシュメモリ)について

100円ライターのようなメディアをUSBメモリ、またはフラッシュメモリと呼びます。ここではUSBメモリに統一させていただきます。

価格が安い、操作が簡単、壊れにくい、比較的容量が大きい、サイズが小さくて軽量と、USBメモリにはメリットがたくさんあり、パソコンの引越しをするのに便利です。

ただ、古いパソコンのハードディスク内に多くのデータがある場合は、容量不足になることがありますので、引越しの際にはハードディスク内の容量をチェックしてから、購入しましょう。

「USBメモリか、外付けハードディスクのどちらを要していいかわからない」という人は、容量が大きい外付けハードディスクをオススメします。

パソコンに差すだけで使うことができ、パソコンの引越しだけではなく、データの持ち運びに優れています。

USBメモリ

USBメモリの一覧

USBメモリの種類

転送速度(パソコンからUSBメモリ、USBメモリからパソコンにデータを移動させる速度)、データの漏洩やウイルス感染を防ぐセキュリティ機能、デザインの違いがあります。

同じ容量でも、価格が高いUSBメモリは全体的な性能が良いです。

ただ、パソコンの引越しをするために使うUSBメモリは、特別な機能が付いていないUSBメモリでも十分です。

USBメモリの価格

USBメモリの価格は、販売しているメーカーや性能によって異なりますが、ここではUSBメモリの販売で有名なBUFFALO(バッファロー)のおおよその価格をお伝えします。

以前は1GBで1万円ぐらいしましたが(もっと前はもっと高価でしたが)、現在ではとても安くなっています。セキュリティ付きのUSBメモリは下記の金額に比べると高くなります。

 

2GB = 1,000円前後

4GB = 2,000円前後

8GB = 3,500円前後

16GB = 5,000円前後

32GB = 6,500円前後

どれぐらいの容量のUSBメモリを選べばいいの?

どの容量のUSBメモリを購入するかは、その人が持っているデータの量次第ですが、おおよその目安をお伝えします。

 

4GB = Word(ワード)やExcel(エクセル)の文章データだけ。

8GB = 文章データと写真データを少し持っている。

16GB = 文章データと多くの写真データを持っている。

32GB = 文章データ、多くの写真、動画データを持っている。

 

これはあくまでも目安です。容量は大きいに越したことがありません。

「どれぐらいの容量が必要か」というのは引越しをするデータの容量によってことなります。USBメモリを購入する際には、必ず引越ししたいデータの容量をチェックしましょう。

容量の確認方法は、引越しの手順をお伝えする過程で説明していますので、ご安心ください。

BUFFALO(バッファロー)USBメモリの一覧

 

外付けハードディスクであれば、容量を気にする必要はありませんので、心配な人は外付けハードディスクを購入してください。

 

次は「外付けハードディスク - 基礎知識・引越しに必要なもの」をご覧ください。

このページの先頭へ